お知らせ

2021.03.04

【重要】「本体価格+税」はNGとなります!

準備は出来てますか?2021年4月1日より総額表示が義務化されます!

■消費税における総額表示の”特例”が2021年3月31日に終了します
2019年10月に消費税率が改正された時は総額表示の特例により税抜き価格のみの表示でも、注釈として「※価格は税抜きです」などと表示していれば許されいました。
がしかし、その特例が2021年の3月31日で終了となります。現状のメニューの価格表示を再度ご確認ください。税抜価格のみ表記+注釈のままではありませんか?

■総額表示義務は、消費税課税事業者に”義務”づけられたものです
「総額表示」とは、消費者に商品の販売やサービスの提供を行う消費税課税事業者が、値札やチラシなどにその価格を表示する際、消費税額(地方消費税額を含む)を含めた価格を表示することをいいます。消費者に対して商品の販売などを行う場合、いわゆる小売段階の価格表示をするときには総額表示が義務付けられます。

【2021年3月31日までの表示例】
10,000円(税別)
10,000円(税抜)
10,000円+税
10,000円(本体価格)

【2021年4月1日からの表示例】
11,000円
11,000円(税込)
11,000円(税抜価格 10,000円)
11,000円(うち消費税額等 1,000円)
11,000円(税抜価格 10,000円 消費税額等 1,000円)
10,000円(税込 11,000円)

支払総額である「11,000円」さえ表示されていればよく、「消費税額等」や「税抜価格」が表示されていても構いません「10,000円(税込11,000円)」とされた表示も、消費税額を含んだ価格が明瞭に表示されていれば「総額表示」に該当します。
なお、総額表示に伴い税込価格の設定を行う場合において、1円未満の端数が生じるときには、その端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えありません。

もう一度、お店のメニュー・店頭の総額表示を再確認して下さい!