中小企業の事業継承

経営者の高齢化や後継者確保の困難化により
中小企業の事業承継問題が急速にクローズアップされています。

事業継承の準備には、後継者の育成も含めると5年から10年程度を要することも珍しくないため、早めの気づきと計画の策定が重要となります。

北浜・中西会計の事業承継支援

北浜・中西会計は、承継のための適切な準備はもちろん、承継後も事業発展のためのサポートを続けます。

資料請求やご相談などのお問い合わせはお気軽にどうぞ

経営承継円滑化法による都道府県知事の認定を受けると贈与税・相続税の納税が猶予される特例措置が設けられました。

【後継者に無税で事業承継するための特例】

特例の適用を受けるには、平成35年3月31日までに特例承継計画を都道府県知事に提出して確認を受ける必要があります。

中小企業庁サイト

経営向上 画像

北浜・中西会計がサポートします

北浜・中西会計は、申請の準備はもちろん、申請後も適切な計画実行のための支援を続けます。

新制度適用にあたっての留意点や現状分析
制度を利用するための要件の確認
特例承継計画の提出
計画実行後の報告書・届出書の提出

サポートに関するお問い合わせやご質問はお気軽にご連絡ください。

資料請求やご相談などのお問い合わせはお気軽にどうぞ